スポンサーリンク

【日焼け止め】選び方のポイントは!?シミを作らないために紫外線対策を!

日焼け止めの選び方画像 キレイになる方法

ゆきちですっ♪

今回はシミができる前に知っておきたい「日焼け止め」についてご紹介!

みなさん、紫外線対策はしていますか?

シミができたり、お肌がくすむと本当に嫌ですよね・・・

年齢をかさねるたびに落ちにくくなる日焼けの跡。

どんなにスキンケアを頑張っても、消えてくれないシミ。

そんなシミを作らないためにも、紫外線対策を徹底していきたいですよね!

夏だけではなく冬でも紫外線対策は必須です!

「日焼け止めは外にでるときにつける」という方も多いと思うのですが、室内でも”窓から入る光”や”テレビやパソコンのブルーライト”もお肌の天敵!

「どのような日焼け止めを使えばいいのか?」について分かりやすくご紹介します♪

今回の記事では


  • 紫外線による肌ダメージってどんなもの?
  • シミができる原因は?
  • 日焼け止めはどんなものがいいの?
  • おすすめのアイテムは?

このような内容でご紹介します!

スポンサーリンク

紫外線による肌ダメージ

シワ・シミの原因肌構造画像

まずは、紫外線による肌ダメージについて。

紫外線と聞くと「シミ・くすみ・そばかす」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

実は「シワ・たるみ」の原因にもなってしまいます!

紫外線は、表皮だけではなく、真皮層にもダメージを与えてしまうので、さまざまな肌トラブルをおこしてしまいます。

シミはどうやってできるの?

メラニンとメラノサイト画像

シミができる時、お肌の中ではどのようなことが起きているのでしょうか?

紫外線をたくさん浴びると、メラノサイトという細胞が過剰にメラニンを生成します。

この過剰にできてしまったメラニンがシミになってしまいます。

紫外線の影響だけではなく、活性酸素などさまざまなことが原因でシミができてしまうことも。

シミができる原因や、日焼けをしてしまった後の対処法、シミのケアなどについてはこちらの記事でくわしくご紹介しているので参考にしてみてください!

紫外線の種類は?

紫外線の種類画像

では紫外線の種類についてです!

お肌に悪影響をあたえる紫外線には、UV-A・UV-B・ブルーライトがあります。

それぞれどのような肌ダメージがおこってしまうのでしょうか?

UV-A

UV-Aは、真皮層までダメージを与え「光老化」をおこしてしまいます。

シワ・たるみの原因に!

真夏よりも、春や秋に多いので普段から気をつけておきたい紫外線です。

UV-B

UV-Bは、表皮にダメージを与えてしまいます。

シミ・くすみ・乾燥の原因に!

真夏に多く、日焼けや肌あれをおこしてしまう紫外線です。

ブルーライト

ブルーライトは、UV-Aよりも肌の奥までダメージを与えてしまうと言われています。

テレビ・スマホ・パソコン・ライトなど、さまざまものから放射される光。

よくブルーライトにあたる方は、日焼け止めを選ぶときにブルーライトカットもされるのか確認しておきましょう!

肌だけではなく、目からも入ってしまうので、ブルーライトカットのメガネやサングラスなどでバリアするのも大切です。

日焼け止めPAとSPFとは?

日焼け止め画像

日焼け止めに記載されているPAとSPFとは、どのような意味でしょうか?

先ほどお話した、UV-AとUV-Bに関係しています。

PA

PAとは、UV-Aから肌を守ってくれる数値です。

シワやたるみの原因になってしまう紫外線ですね。

「PA+」の「+」が多ければ多いほど、UV-Aをカットしてくれます。


【PA+】UV-A防止効果がある
【PA++】UV-A防止効果がかなりある
【PA+++】UV-A防止効果が非常にある
【PA++++】UV-A防止効果が極めて高い

しかし、「+」が多ければ多いほど肌に負担をかけてしまうので、「+」が多ければいいというわけではありません!

使うシーンによって使い分けることが大切です。

SPF

日焼け止めの選び方画像

SPFとは、UV-Bから肌を守ってくれる数値。

シミやくすみの原因になってしまう紫外線ですね。

「SPF10」の数字は防止してくれる時間を表しています!


SPF1=20分

どのくらいの時間、紫外線を浴びるのかによって使い分けるのが大切。

こちらも高ければ高いほど効果は持続しますが、肌に負担をかけてしまうので、注意しましょう!

日焼け止めを選ぶ目安

日焼け止めの選び方画像

ではどのシーンで、どのような日焼け止めをつかうのがよいのでしょうか?

日常生活では「PA++・SPF20」くらいが丁度よいでしょう。

上記の表を参考に、シーンにあわせた肌に負担の少ない日焼け止めを選んでみてください♪

おすすめのアイテム

ではおすすめのアイテムをご紹介します!

日常生活

created by Rinker
¥5,500 (2022/10/02 13:43:29時点 楽天市場調べ-詳細)


PA+++
SPF35

こちらは私がいつも使っているオッペン化粧品の日焼け止め。
ブルーライトもカットしてくれるので、パソコンやスマホをよく使う方にもおすすめ!
肌への負担が少なくべたつかないので、日焼け止めで肌トラブルをおこしてしまう方でも安心してお使いいただけます!
私は油分の多いものを使うとすぐニキビができてしまうのですが、こちらの日焼け止めはニキビができることもありません。

レジャーなど


PA++++
SPF75+

こちらはレジャーや炎天下で活躍してくれる商品。
ここまで高い数値の商品はなかなかありません!「絶対に焼きたくない!」という方はこちらの商品がおすすめです。ブルーライトもカットしてくれるので、外でも屋内でもお使いいただけます♪

まとめ

いかがでしたか?

今回の記事で大切なことは


  • シミができる前に紫外線対策を
  • 真夏だけではなく、オールシーズン紫外線対策を
  • 室内でも紫外線対策を
  • ブルーライトもカットしてくれるのか確認する
  • シーンにあわせた日焼け止めを

このようなことに気をつけて、肌トラブルを防いでいきましょう!

今回ご紹介したのは「紫外線・日焼け止めについて」でしたが、シミは紫外線だけが原因ではありません。

日焼けをしてしまった後のケア方法や、シミへのケア方法など、シミについてくわしく書いているこちらの記事も合わせてごらんください♪

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます!

ゆきちでしたっ♪

☆プロフィール☆
この記事を書いた人
ゆきち

元エステティシャンのゆきちですっ♪
エステ・化粧品販売の経験を活かし、美容記事を書いています!
美容商品のレビュー・美容知識・美容に大切な食事など、さまざまな方向から美を追求していきます!
育児ブログはプロフィールから☆彡

ゆきちをフォローする
キレイになる方法
スポンサーリンク
ゆきちママの美容ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました