スポンサーリンク

元エステティシャンが教える、クレンジング・洗顔の正しいやり方は!?肌改善に大切なW洗顔!

洗顔とクレンジング画像 キレイになる方法

ゆきちですっ♪

今回の記事では、前回ご紹介した「正しいスキンケア方法」「洗浄」に注目してご紹介します!

前回の記事でも洗浄についてご紹介していますが、今回の記事では画像を使って

「クレンジングはどの位馴染ませてから使うのか」
「洗顔はどのくらい泡立てるのか」

など、詳しくご紹介していきます!

みなさんスキンケアで大切なことは何だと思いますか?

化粧水や美容液など、保湿に特に気をつけている方が多いのではないでしょうか。

それはもちろんとても大切なことです。

しかし、もっとも気を付けて欲しいのは「洗浄」なんです!

すごく意外に思われるかもしれませんが、まず洗浄をきちんと出来ていないと・・・

「汚れが取り切れず毛穴トラブルに」
「菌が残ってニキビに」
「化粧水などの入りが悪くなり乾燥肌に」
「バリア機能が低下し紫外線ダメージを受けやすく」

なってしまいます。

このように肌悩みを起こしてしまう可能性が高くなってしまうんです!!

こぉ見ると肌悩みの原因が洗浄によるものが多いですよね?

ゆきち
ゆきち

私も洗浄方法を見直してニキビを治しました!

今回の記事では


  • 肌改善したい!
  • きちんとした洗浄方法を知りたい
  • W洗顔って必要?
  • メイクをしてない日は洗顔のみ

このような方に読んでほしい内容になっています!

みなさんのお役に立てますよーに♪

スポンサーリンク

W洗顔の役割

ではまず、クレンジングと洗顔のそれぞれの役割を見ていきましょう!

これを読むとW洗顔の大切さがわかります。

クレンジング

クレンジング画像

クレンジングは、メイクや皮脂など、肌の油分を取り除くために必要なアイテムです!

メイクをしない日でも油分は出ますよね?

日焼け止めにも油分は入っているし、スッピンでも皮脂が出ます。

なので、メイクをしていない日も必ずクレンジングを行いましょう!

クレンジングにもオイル・クリーム・ジェルとさまざまなものがあります。

それぞれのアイテムには、メリットとデメリットがあります。

下の画像をごらんください。

クレンジングの形状画像

このように、汚れ落ちがいいものは肌への刺激が強い傾向があります。

私がおすすめするのはクリームタイプのクレンジング。

汚れ落ちと、肌ダメージのバランスが良く、様々な肌質の方にもお使いいただけます。

これらをふまえて、自分のお気に入りのクレンジングを探してみましょう!

洗顔

洗顔画像

クレンジングで油分を取り除いたら、今度は洗顔で汗やほこりなどの汚れを取り除いていきましょう!

洗顔で油分が全く落ちないわけではないのですが、洗顔だけだと油分が取り切れず、毛穴やニキビなどのトラブルを起こしてしまう原因になります。

洗顔はしっかり泡立てないと効果を発揮できません。

泡立て方が不十分だと、顔に塗っているだけになってしまい、きちんと汚れを落とすことができません。

洗顔をする際には、しっかり泡立てることに気を付けてみましょう!

それだけで、洗いあがりのお肌が格段に違います。

泡立てるのが苦手な方は、泡立てネットを使うか、泡立て専用のアイテムを使ってやってみましょう!


こちらの『あわわ』は、エステをするときにも使用していた優秀な商品です。
人気が出すぎて一時期入荷できなかったほど!こちらを使うと、自分ではなかなか作れないふわふわでもちもちの泡が簡単にできます。
手や、泡立てネットでは出来ない上質な泡をこちらのアイテムを使って体験してみてください♪

朝の洗顔

朝の洗顔画像

朝の洗顔は、肌質に合わせてしてやり方を変えましょう!

乾燥肌の方は、朝は洗顔料を使わずに、拭き取り化粧水やぬるま湯で、寝ている間に出た皮脂や、ついてしまった汚れを取り除くのがおすすめ。

こちらの記事で拭き取り化粧水について詳しく書いています。

皮脂が多く出てしまう方は、朝もしっかり洗顔料を使い、洗顔してみましょう。

皮脂が多く出る原因が、乾燥からなのか。過剰分泌なのか。

原因によっても洗顔方法が変わってくるので、こちらの記事を参考に自分にあう洗顔方法を見つけてみてください!

夜の洗顔

夜の洗顔画像

夜はメイクをしていなくてもクレンジング・洗顔をしましょう!

疲れて家に帰ると「お化粧を落とさずに寝てしまう」と言う方をたまに聞きますが、これをしてしまうと肌の菌が繁殖し、肌トラブルを起こしてしまいます。

この菌の繁殖は「使った雑巾を3日放置し顔にのせているのと一緒」とよく例えられていました。

これを聞いて私は二度とメイクを落とさずに寝ない!と心に誓いました(@_@;)

みなさんもメイクは必ず落としましょうね!

クレンジング方法

ではさっそくクレンジング方法を見ていきましょう!

※アイメイクをしている場合は、クレンジングの前にポイントメイクリムーバーで落としましょう。

クレンジング方法画像

画像のように、方向に気を付けてクレンジングをしていきます。

これは毛穴の向きに逆らっている方向で、毛穴の中の汚れまでをきちんと取り除くためです。

手のひら画像

手のひらで行い、肌にダメージを与えないように気を付けましょう!

今回は、私が普段使っているクリームクレンジングを使用して実践していきます。

1.まず手のひらに500円玉くらいの量を出します。

クレンジング画像
ゆーくんの小さな手を借りました♪

2.手の体温で温め、クリームが馴染んでから顔全体にぬっていきます。

クレンジング画像

3.下から上、内から外に円を描くようにクレンジングしていきます。

※クレンジングをする時間は1分以内!長くしすぎると肌へのダメージが起きてしまいます。

4.ぬるま湯で30回以上すすぎます。

※すすぎが少ないとクレンジングと汚れが肌に残ってしまうので、必ずきちんとすすぎましょう。

※お湯が熱いと乾燥の原因になってしまいます。35~40℃で少し冷たく感じる位の温度ですすぎましょう。

洗顔方法

クレンジングが終わったら、次はもこもこ泡で洗顔していきましょう。

洗顔もクレンジングと同様、毛穴に逆らった方向を意識してみましょう!

1.洗顔料を2cm程、泡立てネットやあわわなどに出します。

洗顔画像

2.もこもこになるまで泡立てます。

洗顔画像

※逆さまにしても落ちないくらい濃厚な泡が理想的!

洗顔画像

3.方向に気を付けながら、円を描くように洗顔していきます。

※手と肌が触れないよう、泡で洗うのがポイント!

洗顔画像

※このときもクレンジングと同様に、1分以内で洗顔しましょう。

4.ぬるま湯で30回以上すすぎましょう。

おすすめの洗顔アイテム

私が普段使っているアイテムをご紹介します!

ポイントメイクを落とす専用のリムーバー!

美容成分と、落とす機能が両方入っており、皮膚が薄くて刺激を受けやすい目元・口元にも安心してお使いいただけます。

美容成分と、オイルが分離しており、使う直前に振って同化させて使います。

毎日使うのがベストですが、ちょっと高級なのでスペシャルケアとして週1~2回使ってみるのもいいです!

肌の汚れをしっかり落としてくれるだけではなく、くすみまで取り除き、肌のトーンを明るくしてくれます!肌のサビ(酸化)を取り除いてくれるので、さまざまな肌トラブルに対応してくれる優秀アイテム!

私のニキビはこれで治ったと言っても過言ではありません。

こちらは保湿成分も入った洗顔料!

洗顔で肌がつっぱった経験はありませんか?お肌に必要な油分まで落としてしまうのが原因でおこってしまいます。こちらの洗顔料は必要な皮脂をのこしつつ、不要な汚れはしっかり落としてくれるのでお肌がつっぱりません。

洗顔料をつかうときには、使用後お肌がつっぱらないか確認し、自分のお肌にあう商品を見つけてみてくださいね!

最後に

いかがでしたか?

今までのクレンジング・洗顔方法の見直しになりましたか?

私が今回の記事で伝えたかった大切なことは


  • スキンケアでは洗浄が大切!
  • スッピンでもクレンジングは毎日しましょう!
  • メイクをしたまま寝るのは雑巾を顔にのせてるようなもの
  • 短時間で落とし、すすぎは30回以上!

今回の記事でこのような事が伝わっていると嬉しいです♪

みなさんのお肌悩みが1つでも改善されますよーに☆彡

他にも美容記事を書いています!

今回の記事との関連記事はこちら。

この他にも「年代別お手入れ方法」や「ニキビについて」、「商品レビュー」など、たくさんの美容記事を書いているので、気になる方は美容カテゴリーからごらんください☆

最後まで読んでいただきありがとうございます!

ゆきちでしたっ♪

☆プロフィール☆
この記事を書いた人
ゆきち

元エステティシャンのゆきちですっ♪
エステ・化粧品販売の経験を活かし、美容記事を書いています!
美容商品のレビュー・美容知識・美容に大切な食事など、さまざまな方向から美を追求していきます!
育児ブログはプロフィールから☆彡

ゆきちをフォローする
キレイになる方法
スポンサーリンク
ゆきちママの美容ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました